パックの時間

パックはどのくらい時間つけていたら効果があるのでしょうか。

一般的には5-15分がほとんど、中にももっと短いものもありますよね。時々、こんな短くて効果があるのかしら?と感じた人もいるのではないでしょうか。

そしてもっと長くつけていたら、もっと効果が上がるのではと思ったことはありませんか?

でも、欲張ってはいけません。

パックには取説に書かれている時間内に美容成分がお肌に浸透することを前提に作られています。

 

もし、多少ならともかく長くつけていてもそれは、ほとんど浸透しないどころか、お肌にとっては逆効果になってしまいます。

 

また気をつけなければならないのが塗るタイプのパック。

これはもたもたしていると最初に塗ったところが乾燥してしまいます。この塗るタイプ、思ったより時間がかかります。

だから、部分的にも塗り終わった時には、もう浸透は完了してしまうこともあります。

顔にも温度差があります。そして温度の低い部分ほど、浸透力も低いと言われています。

頬、口まわりがその部分です。そこからせめていきましょう。

 

人前で肌を見られているのかなという不安。ドクターリセラはその不安を自信に変えてくれる化粧品。