リバウンドの対策に役立つ食事内容について

ダイエットの方法によってはリバウンドしてしまう可能性が高くなるので、
体重が元に戻ってしまうことが無いように予め対策を取っておくことが大切です。

リバウンドが起きやすいダイエットとは、食事量を減らしすぎたり、激しい運動を続けるようなダイエット方法です。食料の供給が急に途絶えると、人の体はホメオスタシスという機能が活動し始めて、エネルギーを使いすぎない節約状態にになります。

食べたものを有効に使えるように、代謝を低くしてエネルギーを燃えにくくし、カロリーを余らせて脂肪にしておこうとします。ダイエット中にホメオスタシスが機能すると、どれだけ食事の量を減らしても、体がそれに対応してカロリー消費量を減らすので、脂肪が燃えません。

代謝を維持するためには、栄養を摂取する必要がありますが、食事制限を行い代謝に必要な栄養が不足してしまうとリバウンドしやすくなります。

ホメオスタシス効果は急激に栄養摂取の状態が変化すると働きやすく、変化が緩やかな場合は働きにくい特徴があります。ダイエットに取り組む時は、体への負荷が大きいような方法ではなく、少しずつ体重を減らしていけるようなやり方が効果を発揮するものです。

極端に体重が減った時期があると、ホメオスタシスが起きて、リバウンドのを引き起こしやすくなります。本来、ホメオスタシスは、人が多少の環境変化でも対応できるためのものといえます。

極端な食事制限をして体脂肪を燃やすのではなくて、段階的に体重を引き下げていくことで、ホメオスタシス機能が動かないダイエットが可能です。

ホメオスタシス効果が出ないのは、1ヶ月に減らす体重が5%以内が目安とされているので、この値を基準に食事内容を見直すことが、リバウンド対策に有効なダイエット方法と言えます。