子供の歯ブラシ選び

小さな子供は歯磨きを嫌がるというのが通説ですが、それを回避するための方法として、歯ブラシを子供に選ばせるという方法があります。

子供も少しは物心がつきますと、自分で何でもやりたがるものです。歯磨き自体はイヤでも、自分で選んだ歯ブラシならすすんで手に取ってくれますので最初のステップはクリアです。まあ、子供なので歯ブラシ以外のものでも片っ端から口に入れようとしてしまうので困りますが・・・

歯ブラシを手にとる前に、効果を実感できてきたブリアンという歯磨き粉をちょっと塗っておいてあげるとより簡単になります。なぜならブリアンはイチゴ味だからです。

口に入れると美味しい味がするので、子供も率先して口にいれたくなってしまうのでしょう。口にさえ入れてくれれば、後は適当にあやしながらブラッシングをしてしまいます。ブリアンならゆすがなくてもいいので、そのまま歯磨きを終えてしまっても差し支えないわけですからラクです。

私が子供の頃は選択肢も少なかったですし、親に怒られながら歯磨きをしたものですが、今は親が子供のご機嫌をとって何とか自発的にしてもらえるようにするのが普通になりました。上司が部下の顔色をうかがったりするのも普通ですし、何だか変な世の中ですね。