にきび肌に使用すべきではない化粧品とは

化粧品の選択が適切でないと、にきびの症状を悪化させてしまうことがあります。化粧品による刺激でにきびが悪化して、より症状が深刻になることがあります。ノンコメドジェニックテストをクリアした化粧品を使うことで、にきびを下手に刺激せずに済みます。コメドとはにきびのことで、ノンコメドジェニックテスト済みの化粧品はにきびの元になりにくいことをテストで調べられています。にきびがある肌には、さっぱりタイプの化粧品がいいという印象がありますが、必ずしも正確な情報ではありません。皮脂分泌が多い場合はさっぱりした化粧品を使いたいと考えますが、にきびの状態によっては適していないのです。にきび肌を脱却したいからと、しっとり系の化粧品を使っても、社会人になってからのにきびは効果が得られないこともあります。社会人になって以後のにきびは、肌が乾燥して弾力を失い、皮脂汚れが詰まりやすい肌質になったことで、にきびができやすくなることがあります。固くなった角質が剥がれずに皮膚に留まっていると、毛穴の出口が細くなって、皮脂が出づらくなります。にきびができてしまう原因を理解すれば、大人にきびの場合は保湿ケアが重要であることがわかります。コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸は保湿効果が高い美容成分として知られていますが、毛穴の詰まりの原因になることがあります。保湿化粧品だとしてもにきびを作りやすい成分が配合されていることがあるので気をつける必要があります。ユーグレナ化粧品